AGAは特に若い男性に多くみられる脱毛タイプ。男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しているそうです。その他にもストレス、食事、生活習慣等も関わっているらしく、男性が多いですが、女性も油断しちゃいけませんよ!

ヘアサイクルの成長期が短くなると薄毛になる

髪の毛は伸び続けるものではなく、一定の期間が経過することで自然に抜けて、そこから新しい髪の毛が生えてくるというヘアサイクルを繰り返しています。
毛髪が生えて成長をしてから抜けるまでの周期のことを、ヘアサイクルと呼んでおり、平均的なヘアサイクルは4年から6年周期となります。
髪の毛が生えている間の多くの期間は、毛母細胞が分裂を行うことで髪の毛が伸びる成長期になります。
成長期が長いことで細胞分裂が起こりますので、髪の毛を太くすることができます。
成長期が終わると退行期が来て、その後に休止期に入ります。
休止期では毛穴の奥のほうで成長をはじめている、新しい髪の毛に押し出されることで自然に抜け落ちるサイクルとなります。
日本人の平均的な数値として、1日あたりにおいて50本から100本ほどの髪の毛が抜けます。
成長した髪の毛が50本から100本ほど抜けることは自然現象と言えるもので、この程度の数値であれば薄毛の心配をする必要はないです。
ただし、成長期において髪の毛が短くなったり、細くなって抜け毛が増えてきたときには、薄毛の心配をする必要があります。
男性型脱毛症であるAGAを発症しているときには、男性ホルモンの影響によってヘアサイクルの成長期が短くなる特徴があります。
通常の場合であれば4年から6年続く髪の毛の成長期が、数か月から1年ほどとなってしまうことで、髪の毛が成長する前に抜けてしまうために薄毛になります。
AGAの症状が出ているときには、効果が認められている厚生労働省の認可を受けているプロペシアやミノキシジルなどのAGA治療薬を服用することで、改善させることが可能です。
AGA治療薬を処方してもらうためには、専門的な医療機関を受診して医師の診療を受ける必要があります。