AGAは特に若い男性に多くみられる脱毛タイプ。男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しているそうです。その他にもストレス、食事、生活習慣等も関わっているらしく、男性が多いですが、女性も油断しちゃいけませんよ!

一般的なAGAの症状について

一般的なAGAの症状は知っている方もいるかと思いますが、男性にみられる薄毛や抜け毛の悩みをいいます。
最近ではCMや雑誌などでも大きく取り上げられています。
AGAとは、「Androgenetic Alopecia」の略称で「男性型脱毛症」をいいます。
色々な脱毛症もありますがAGAもそのひとつです。
男性であれば、薄毛や抜け毛は全てAGAという訳ではありません。
特に成人男性に多く見られていることが多い進行性の脱毛症で、男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。
以前では20代後半頃から薄毛に悩まされていたものが、最近では10代後半の男性がこのAGAによる薄毛や抜け毛に悩まされています。
全ての原因が男性ホルモン(テストステロン)という訳ではなく、ストレス・生活習慣・加齢・食生活・生活習慣なども大きく関係されていると言われています。
一般的には「遺伝」と「男性ホルモンの影響」などが原因とされています。
薄毛になっていくパターンでは、額の生え際から徐々に頭頂部にかけて薄くなっていくものから、頭頂部から薄毛になっていくパターンがあります。
現在、AGAで悩んでいる人が全国で約1,260万人います。
一般的にAGAは何にもせずにいると、髪の毛の数がどんどん減り続け、薄くなっていきます。
そうならないためにも、早期の治療、ケアが必要になります。
症状を発覚するのは本人が多く、入浴中の洗髪でいつもより明らかに抜けた髪の毛が多かったり、湿り気にある濡れた様なペタンとしている髪の状態よいう症状であればAGAを疑ったほうがいいです。
専門医が治療してくれます。
主な治療は内服薬や外用薬といった薬剤による治療や、カウンセリングによる食・生活習慣の指導もしてくれます。
少しでも疑いがあればご相談することをお勧めします。