AGAは特に若い男性に多くみられる脱毛タイプ。男性ホルモンのテストステロンが大きく関係しているそうです。その他にもストレス、食事、生活習慣等も関わっているらしく、男性が多いですが、女性も油断しちゃいけませんよ!

AGAはテストステロンより強力な男性ホルモンが原因

男性の薄毛の原因のほとんどがAGAといわれています。
このAGAの原因はテストステロンという男性ホルモンがさらに強力なDHT(ジヒドロテストステロン)に変わることで起こります。
このDHTが毛根の正常なサイクルを狂わせることにより、髪の毛が育つ前に抜けてしまい薄毛の原因となります。
そのため、AGAの症状を止めるためには、まずこのテストステロンがDHTに変わらないようにすることが必要になります。
この強力な男性ホルモンであるDHTを作らないようにするには、5αリダクターゼという酵素を抑制することで解消することができます。
DHTはテストステロンとこの5αリダクターゼという酵素が結びつくことによって作り出されることが分かっています。
そのため、この5αリダクターゼを抑制すればDHTを作り出すことができず、AGAの症状を止めることができます。
5αリダクターゼを抑制する薬は開発されていて、病院などで治療を受ける際には、まずこの5αリダクターゼを抑制する薬が処方されます。
AGAの進行はほぼ確実に止めることができる症状であり、この症状で悩んでいる方は早めに病院で治療を受けることが大切です。
早めに病院で治療を受けることの理由としては発毛の難しさです。
AGAの原因である強力な男性ホルモンは薬によって作り出すことは止められるのですが、毛根を正常なサイクルに戻すためには時間もかかりますし、特効薬といえるものがないのが現状です。
発毛の治療は一人ひとりの生活習慣が関係しているために全ての人に当てはまるような特効薬はありません。
そのため、このAGAの症状でお悩みの方はまず病院で進行を止める治療を受けることが大切です。